スタッフが第13回宮崎国際音楽祭の情報や舞台裏をお伝えします!


by mmf2008

演奏会写真集③

演奏会[4]の模様です。

5月22日(木) メディキット県民文化センター アイザックスターンホール
演奏会[4] 激しくも優雅な舞曲

まずは演奏前の表情から
b0134272_11254926.jpg



b0134272_1126449.jpg



b0134272_1126145.jpg



b0134272_11263327.jpg



b0134272_11264422.jpg

指揮者:デュトワさんとコンマス:徳永さんの握手。始まります。

b0134272_11274692.jpg

演奏会[4]のプログラムは
ラヴェル:組曲「鏡」より「道化師の朝の歌」
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
ラフマニノフ:交響的舞曲
ラヴェル:ラ・ヴァルス
デュトワが得意とする、フランス・ロシア音楽が並びました。

b0134272_1130473.jpg



b0134272_11303162.jpg

ピアノ協奏曲のソリスト、キリル・ゲルシテイン氏。
情熱的な演奏を魅せてくれました。


b0134272_11304926.jpg



b0134272_11314980.jpg



b0134272_1132087.jpg



b0134272_11321193.jpg



b0134272_11322517.jpg



b0134272_11323584.jpg



b0134272_11454452.jpg



b0134272_11455749.jpg

1stヴァイオリンの最後尾には名手シャンタル・ジュイエ氏が

b0134272_11464644.jpg



b0134272_11465922.jpg



b0134272_1147814.jpg



b0134272_11471826.jpg



b0134272_1147308.jpg



b0134272_11474070.jpg



b0134272_11475056.jpg



b0134272_1148030.jpg

[PR]
# by mmf2008 | 2008-06-18 11:48 | 出演者

演奏会写真集②

演奏会[3]の模様です。

5月17日(土) メディキット県民文化センターアイザックスターンホール
演奏会[3] ブラームス至宝の五重奏

b0134272_14172652.jpg

プログラム1曲目はブラームス:弦楽五重奏曲第2番
出演者はチョーリャン・リン、川田知子(ヴァイオリン)川崎雅夫、鈴木康浩(ヴィオラ)古川展生(チェロ)

b0134272_14193014.jpg



b0134272_14194999.jpg

アジアが生んだ世界的ヴァイオリニストのチョーリャン・リン

b0134272_1429401.jpg



b0134272_14295645.jpg



b0134272_14301125.jpg



b0134272_14302351.jpg

プログラム2曲目はブラームス:ピアノ五重奏曲
出演者はレオン・フライシャー(ピアノ)、チョーリャン・リン、漆原朝子(ヴァイオリン)、川崎雅夫(ヴィオラ)、上村昇(チェロ)

b0134272_14315386.jpg

伝説のピアニスト レオン・フライシャー

b0134272_1433318.jpg



b0134272_14334215.jpg



b0134272_1433538.jpg



b0134272_1434294.jpg



b0134272_1434137.jpg



b0134272_14344865.jpg



b0134272_1435072.jpg



b0134272_14351142.jpg

[PR]
# by mmf2008 | 2008-06-14 14:35 | 出演者

演奏会写真集①

演奏会の写真の整理がやっと終わりましたので順番にUPしていきます。
今日は、演奏会[1]と演奏会[2]です。

5月11日(日) メディキット県民文化センター演劇ホール
演奏会[1] 重厚なる室内楽の醍醐味 
b0134272_11124560.jpg

ブラームス:弦楽六重奏曲第2番に出演の6名です。

b0134272_11141086.jpg

b0134272_1115055.jpg

ヴァイオリンの漆原啓子・朝子姉妹。

b0134272_11152363.jpg

ヴィオラの川崎雅夫さん、鈴木康浩さん。

b0134272_11161519.jpg

宮崎国際音楽祭初登場。チェロの期待のホープ、横坂源さん。

b0134272_1116564.jpg

ベートーヴェン:七重奏曲に出演の7名です。

b0134272_11172766.jpg

コントラバスの永島義男さん。

b0134272_1118149.jpg

宮崎国際音楽祭総合プロデューサーの徳永二男さん、川崎雅夫さん。お二人とも第1回の音楽祭から欠かさず出演されてます。

b0134272_1118578.jpg

クラリネット三界秀実さん、ファゴット吉田将さん、ホルン松崎裕さん。

b0134272_11203486.jpg


5月15日(木) メディキット県民文化センターアイザックスターンホール
演奏会[2] 英雄の追想
b0134272_11235867.jpg

シャルル・デュトワによるプレトーク。

b0134272_11242568.jpg

演奏会[2]宮崎国際音楽祭管弦楽団のコンミスは名手シャンタル・ジュイエ

b0134272_11252240.jpg



b0134272_11253620.jpg



b0134272_11261269.jpg



b0134272_11262976.jpg

プログラム1曲目はバルトーク:弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽

b0134272_1127794.jpg



b0134272_11272257.jpg

2曲目はベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

b0134272_11275031.jpg



b0134272_1128422.jpg

演奏終了後の出演者の表情です。

b0134272_11283584.jpg



b0134272_11284775.jpg



b0134272_1128575.jpg

[PR]
# by mmf2008 | 2008-06-12 11:31 | 出演者

霧島国際音楽祭!

「1週間更新しない間に、いつの間に霧島国際音楽祭のブログになったのだ!013.gif」と思われた方、ご安心ください。宮崎国際音楽祭のブログです(って誰も思わないか015.gif


宮崎国際音楽祭」と「霧島国際音楽祭」南九州を代表する2つの音楽祭。

昨年から両者の間で交歓演奏会が始まりました。
霧島国際音楽祭は宮崎より先輩で今年29回目を迎え、7月17日~8月3日までの18日間、鹿児島県のみやまコンセールを中心に開催されます。

今回宮崎にやってくるのは、霧島国際音楽祭のオールスター・キャスト!
元イ・ムジチ合奏団コンマスのフェデリコ・アゴスティーニ
13歳でニューヨーク・フィルデビューをしたチー・ユン
ロイヤルコンセルトヘボウ管首席フルート奏者のエミリー・バイノン
ザルツブルク・アカデミーピアノ教授のフランク・ウィヴァウト
ほかにも、堤剛音楽監督以下、いずれも名手といわれる演奏家がそろいます。

宮崎の室内楽とはまた違った雰囲気が楽しめます。


◆霧島国際音楽祭in宮崎
 ボヘミアの風~音楽に祖国の魂を求めて~

 7月29日(火) 開場18:30 開演19:00
 会場:メディキット県民文化センター演劇ホール
 チケット:S席3,500円 A席3,000円 B席2,500円
       学割(B席のみ・小~大・学生証要提示)1,000円
 メディキット県民文化センターチケットセンター(電話0985-28-7766)ほか県内プレイガイドにてチケット発売中


 ◎プログラム

  スメタナ:ピアノ三重奏曲
   ヴァイオリン:チー・ユン ピアノ:フランク・ウィバウト チェロ:田中雅弘

  ヤナーチェク:木管六重奏のための組曲「青春」
   フルート/ピッコロ:エミリー・バイノン オーボエ:成田恵子 クラリネット:三界秀実
   ホルン:笠松長久 ファゴット:岡本正之 バス・クラリネット:鎌田広

  ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲第2番
   ピアノ:練木繁夫 ヴァイオリン:フェデリコ・アゴスティーニ/山本友重
   ヴィオラ:店村眞積 チェロ:堤剛
[PR]
# by mmf2008 | 2008-06-01 14:34 | news

第14回宮崎国際音楽祭

第13回宮崎国際音楽祭は、今日で無事成功裏に終了することができました。
ありがとうございました。
まだこの先も演奏会の様子などアップしていきたいと思いますが、終了後最初の更新情報はこれです。
b0134272_2254363.jpg

演奏家用に使われたスケジュールボード、最終日にかかれたのは、来年の音楽祭でまたお会いしましょうの文字。
演奏家の皆さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。また来年お会いしましょう。
(日程については、あくまで予定ですので、今後変更の可能性があります。正式な日程は21年1月末頃発表いたします。)

※ブログはこの先も更新していきます。時々のぞきにきてくださいね。
[PR]
# by mmf2008 | 2008-05-24 22:06 | news

いよいよ最終日!!

20日間にわたってお届けしました宮崎国際音楽祭もついに今日が最終日。
今日演奏されるホルストの「惑星」にちなんで、ブログの背景も惑星仕様にしてみました072.gif
いかがでしょうか?

b0134272_10571394.jpg
最終日はあいにくの雨・・・057.gif
そういえば、デュトワ来日の日も雨だったなー021.gif


b0134272_1059145.jpg
宮崎が誇るパイプオルガン。パイプ数は4,035本、国産最大の66ストップからなります。
外観は西都原古墳の「子持家型埴輪」を模してます。
今日の「惑星」での出番に備えて現在調律中です。



◆UMKクラシックス
 演奏会[5] きらめく星たちの宴

  5月24日(土) 開場 15:00 開演 16:00
  会場:アイザックスターンホール
  《プログラム》
   ロッシーニ:歌劇「どろぼうかささぎ」序曲
   ドビュッシー:夜想曲
   ホルスト:組曲「惑星」
  ◎チケットは完売しております。
   
[PR]
# by mmf2008 | 2008-05-24 11:03 | news

リハーサル続いてます

昼から始まったリハーサル、今日も夜まで続きます。


b0134272_1551213.jpg
「夜想曲」と「惑星」で出演する東京オペラシンガーズ(合唱)の皆さんが宮崎に到着。
到着して荷物を置く暇もなく、リハーサルの呼び出しがありました。
息を切らしながら走って2階のパイプオルガン前へ。
そのような状況をデュトワ(写真右下)は知る由もなく、指揮を振ります。


b0134272_15103315.jpg
クラシック業界最大手のK音楽事務所の職員さんです。
噂の鶏飯弁当を美味しそうに食べています。
左のAさんはデュトワ付きマネージャー。宮崎入りして20日を越えました。2人とも宮崎はお気に入りの様子。「もう東京には帰りませ~ん」ってK音楽事務所の皆さん、こんなこと言ってますよ!


b0134272_15143011.jpg
ライブラリアンの中村さんです。
ちょっと遅めの昼食。美味しいものは最後にとっておくそうで、イチゴが大事そうに避けられています。


[PR]
# by mmf2008 | 2008-05-23 15:16 | 舞台裏

NASA提供!

音楽祭のラストは明日の演奏会[5]きらめく星たちの宴(チケット完売)。
プログラムは
ロッシーニ:歌劇「どろぼうかささぎ」序曲
ドビュッシー:夜想曲
ホルスト:惑星
  の3曲。
目玉はなんといっても、アメリカ航空宇宙局・NASAの提供による、映像付きでお送りする「惑星」です072.gif
映像付きで「惑星」をお送りするのは日本初ではないでしょうか。少なくともNASA提供は無いでしょう。045.gif
昨夜からアメリカより技術関係者が来日し、映像の準備にとりかかっております。

b0134272_12211273.jpg
宇宙の映像を映し出すため、ステージも暗くなります。暗いままでは演奏家も演奏ができませんので、譜面灯がつけられています。


b0134272_12232883.jpg
譜面灯に照らし出されてる様子も結構、趣がありますね。


b0134272_12243524.jpg
ステージ上、オルガン横にはスクリーンも設置!


[PR]
# by mmf2008 | 2008-05-23 12:27 | 舞台裏

ブラボー!!

演奏会[4]が終了しました。

いやぁ~、チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲」、キリル・ゲルシテインのピアノは迫力ありました。
力強いタッチ、ダイナミックな動きに魅かれたお客さまもかなり多かったようです。

通常、宮崎のお客さまは楽章間で拍手されないのですが、今日はあまりの迫力に第1楽章後に拍手が起こりました。(それだけ素晴らしかったということでしょう045.gif

キリルさんの力強いタッチは、弦が切れるんじゃないかと思うほど。
リハーサル後「音が狂ってきてるんだけど」って、そりゃぁ、あれだけ強く弾けば調律も狂いますよ(笑)

一方、アンコールでは繊細で華麗なタッチも見せてくれました。
曲はガーシュウィン作曲 E.ワイルド編曲の「君を抱いて」。

キリルさんは明日宮崎を発ち、次の公演地のドイツに向かいます。
宮崎にもファンができたようです001.gif

さあ、音楽祭も残すところあと2日。ちょっぴり悲しい気もしてきますね。

b0134272_01144.jpg
本番前の楽屋通路。女性演奏家の華やかなドレスも音楽祭ならではですね。


b0134272_015679.jpg
皆さん、必死に練習中です。


b0134272_024770.jpg
楽屋上手の様子。チェロやヴィオラ奏者で満員御礼です。


b0134272_034976.jpg
楽屋下手にもヴァイオリン奏者達が集まってきました。


b0134272_071314.jpg
最後は、2回目の登場、ダニエル・スチュワート君。他の演奏者が直前まで練習している最中、スピーカーの前で必死にシャルル・デュトワのプレトークを聞いております。
指揮法だけでなくトークも勉強中?
[PR]
# by mmf2008 | 2008-05-23 00:07 | 舞台裏
演奏会[3]、子供のための音楽会、日向市でのピアノデュオ・リサイタルで美しい音色を届けてくださったレオン・フライシャー&キャサリン・ジェイコブソン・フライシャーご夫妻が、22日朝、東京経由で米国に向けて出発されました。

各回とも、宮崎の聴衆でいっぱいのホールを見て、また聴衆の熱気や感動を目の当たりにして、たいへん感激していらっしゃいました。
「機会があったら、ぜひまた宮崎に来たい!」とにっこり。

b0134272_17435495.jpg

そして宮崎空港で、東国原知事の等身大フィギュアを気に入られた様子!
“Oh! He’s Here! So Funny!”
子供のための音楽会での、知事のコミカルな演技(?)を思い出されたのでしょうか。

レオンさん、キャサリンさん、感動をありがとうございました!
[PR]
# by mmf2008 | 2008-05-22 17:53 | 出演者